BB-Way ビジネスエチケットの今

アクセスカウンタ

RSS ビジネスでスポーツタイプ(ラバーバンド)の腕時計はありでしょうか?(営業 男性 30代前半)

<<   作成日時 : 2010/10/06 15:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

腕時計の選び方について質問です。仕事の時は、シルバーメタルバンドの時計を身につけています。仕事以外では、シンプルなスポーツタイプの腕時計を愛用しています。

仕事上、PCで文章を書くことが多く、メタルバンドの時計をして文字入力をしていると、キーボードの左手前の隅に時計のバンドが擦れて、時計もPCも傷だらけになってしまいます。時計を外して行えば良いのですが、つい忘れてしまいます。その点、スポーツタイプの時計は、ラバーバンドなので傷が付きにくいです。
傷のことを考えると、スポーツタイプのものを仕事でも身に付けたいと思うのですが、ビジネスシーンでは通用するのでしょうか?


デザインを選べば、ラバーベルトでもOKなことも。


スポーツタイプでカジュアルなデザインはNG

機能面と印象面の両方を考えると、いろいろ迷うところがありますよね。ビジネスの正式な場面で通用する時計としては、黒か茶の革ベルトで3針時計が適しています。しかし、日常のビジネスシーンであれば、シンプルなメタルタイプはスーツに似合うので私はよいと思いますが、「営業」というお客様に対する印象も大切な職種ですと、スポーツタイプでカジュアルなデザインはNGと考えた方がよいでしょう。


デザインを優先すれば、素材もカバーできる

例えばラバーベルトでも、ボリュームがあったり、ラバー素材を強調するデザインのようなスポーティなものではなく、シンプルなフェイスの3針時計で、すっきりしたデザインの黒のラバーベルトですと、スーツにもビジネスシーンにもなじむかと思います。


シンプルなフェイスで、すっきりしたデザインの黒のラバーベルトなら、スーツにもビジネスシーンにもなじむ。

ビジネスシーンでの時計選びのポイント

30代の男性のビジネスシーンでの時計ですと、メタルの色はシルバーで革ベルトなら黒か茶、フェイスは白や黒・ネイビーなどですっきりと腕になじむ大きさのものがお薦めです。また、スーツではなくビジネスカジュアルがドレスコードの職場なら、時計もカジュアルダウンが可能。ラバー素材の原色使いなどのカジュアルなのものでなければ、スポーティなフェイスや明るい色の革ベルトなど個性を演出してもよいかと思います。

時計は自分の使い勝手だけでなく、相手からもよく目立つツールでもあり、時計を見てその人を判断するという人も実は少なくありません。ぜひ、ご自身に最適な1本を身につけるようにしてくださいね。

月別リンク

Copyright(C)BIGLOBE Inc.